コラムCOLUMUN

セリアに売っているアルコールマーカー(コピック風)がイラストを描くのに使える!

セリアのアルコールマーカー イラストを描く人には道具がかかせません。その道具はいろいろありますが、最も手軽な方法としてイラストマーカーとは、絵の具などと違って細かい道具がいりません。紙とマーカーがあれば簡単にできます。手を汚しにくいという点ではかなり使いやすいです。

有名なイラストマーカーとしてはコピックがありますが、値段が高めで気になる人も多いでしょう。そんな人には100均のマーカーをおすすめします。100均というといろいろありますが、その中でもセリアのアルコールマーカーならコスパだけでなく、使いやすさも抜群と評判です。

今回はイラストを描く人におすすめなセリアのアルコールマーカー(コピック風マーカー)について紹介します。

イラストを描くときに使うマーカーは?

イラストを描く人にオススメのマーカーには、いろいろな種類があります。コピックマ-カーなどはその代表ですね。
コピックマーカーは、ペンの形だけでなく用途に応じた太さがあったりとイラストマーカーの知名度ではトップを占めています。 そんなコピックマーカーは、価格がそれなりにします。プロも使用するレベルのマーカーなので、1本300円以上。
ほしい色をまとめて購入しようとすると、かなりの金額になります。そんな悩みを解決するのが、セリアのアルコールマーカーです。

セリアで売っているアルコールマーカーとは?

セリアで売っているアルコールマーカーとは、インクにアルコールを混ぜた速乾性の高いイラスト用のマーカーです。2本でセット販売されているので、その中で自分が好きな組み合わせを選びましょう。

このセリアのイラストマーカーは、発売時から定期的にリニューアルされています。ペン先の具合や持ち手のデザインなどが変化を見せています。使ってみて使い心地がいいなら、まとめて購入しておいてもいいかもしれませんね。

セリアのアルコールマーカーの価格は?

100円ショップセリアのアルコールマーカー価格は2本で100円(税込み110円)。そうすると1本当たり50円、この価格は他社にはない大きな魅力です。
同じような商品がダイソーにもあります。ダイソーの場合はアルコールマーカーとしてではなく、イラストマーカーとして販売しています。商品名がややこしいので注意してください。

ダイソーの商品は色数が豊富です。ですが、インクがにじみやすいとの評価も。表面的なデザインもセリアの方が垢ぬけた感じだと評判です。

セリアのアルコールマーカーのほうが、ダイソーよりも色数が少なめです。色味の多いイラストを仕上げたいときには両方のマーカーを生かしてみてもいいかもしれませんね。

セリアのアルコールマーカーの使い心地は?

セリアのアルコールマーカーの使い心地 イラストを塗るときにマーカーはペン先をたてて使うのではなく、横にして側面を生かして塗りつぶしを行います。この塗ったときの色味は、セリアのアルコールマーカーは薄めに仕上がります。

塗り重ねることで思う色味に仕上げていくのです。最初から濃い目の色のマーカーを使うよりも、失敗が少なく仕上がります。普段からイラストを描くプロもこのセリアのアルコールマーカーのクオリティに、値段以上の評価を置くほどきれいな仕上がりです。

使うときの注意点

セリアのイラストマーカーを使うときには、グラデーションがあまりうまくできません。グラデーションを作るには、マーカーのペン先をはらうように色を置いていきます。そのあたりはコピックとは大きく異なる点になるので、気をつけましょう。

そして、セリアのアルコールマーカーは少々においに敏感な人は、使っているうちにアルコールの匂いが気になることも。部屋の喚起をよくした状態で、においで酔っぱらわないようにしましょう。

そしてセリアのアルコールマーカーの最大の注意点はインクの裏うつりです。薄い紙にイラストを描こうと思うと、裏側に染み出してテーブルなどを汚してしまう恐れがあります。コピー用紙などにイラストを描く場合はほぼ裏側に染み出すと考えても良いでしょう。そのため使用するときには、よごれてもいい紙を置いたりしてにじみ対策を施してから行いましょう。

あくまでもセリアのアルコールマーカーは、イラストをはじめるきっかけとしてはかなりお得な商品です。ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回はセリアのアルコールマーカーについて紹介しました。セリアのアルコールマーカーは、イラストを描き始める人にとって初期投資が少なく手に入りやすい商品です。同じような商品にダイソーのイラストマーカーもあります。ダイソーのイラストマーカーのほうがにじみが出やすいとの評価もあります。色の数が多いのはダイソーの方なので、うまく使い分けをしてみてください。

イラストを描き続ける人やイラストレーターを目指していこうとしている人は、やはり最初からコピックマーカーのほうがおすすめかもしれません。

自分にとってどの道具が最適かは、試してみないとわからないので自分の目で確認してみてくださいね。
ポスターフレーム専門店FRAME EXPRESS